忍者ブログ

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

このブログをかいているひと

創作サークル「CALLME」

角人間のSFファンタジー漫画的なものを書きつつ
たまにCOMITIA等に参加しております。


メンバー①上村 いさこ(うえむら)
・東北地方在住の糞子
・CALLMEの原案・本編
・おっさんフリーク


メンバー②むつき とおご
・都会で暮らす心優しい社会人
・たまにブログに出現する
・CALLMEの番外編等
・萌え系女子ハァハァ

メールフォーム

お返事はブログの方でいたします。
なんでもどうぞ!

最新コメント

[06/10 CharlesZoop]
[06/08 CharlesZoop]
[04/10 SamuelJipt]
[04/07 MatthewJaw]
[04/04 MatthewJaw]

ブログ内検索

バーコード

P R

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

虚構の中に現実を見る



特に恒例化したいワケじゃないけど
また終わってしまったアニメからで氷菓のちたんださんとおれき
ちらばってる赤いゴミみたいのはも・・・もみz


自分にとっては君と僕。に続く癒しでした・・・


いい歳して「アニメが癒しです」とか言ってる時点で色々やばいんじゃないかと思うけど
なかなか子供向けアニメとかも侮れないと思う。
油断してると感動して泣いちゃったりとかして。

自分の場合2次元になると極端に涙腺レベルが下がるってのもあるんですが

所詮紙の上の記号にすぎない
リアルの人間とはかけ離れているはずのデフォルメされたキャラクターが
ものすごく人間くさいことを言ったり
自己犠牲的な行動に出たりすると
ウ・・・ってなる気がする

実写のドラマとかだと本物の人間が演じてるから芝居のウマヘタとか
どうしてもその人の演技の向こう側の本来のイメージを考えたり
なんかやたらと「感動させようとしている感」がにじみ出ていると全く感情移入出来ない
さらに地デジのせいで情報量が多すぎて
余計な想像をしてしまってその内に気持ちが冷めてくるんじゃないか
その点ちびっ子アニメは不必要な情報は排除されているし
さらに所詮子供向けでしょフフンと侮っているのがむしろ何も構えず観ることが出来てしまう
だから歳を重ねるほど、素直に感動出来ない・・・
笑い方を忘れてしまった・・・凍てついた心を持った人間・・・
私のようにしち面倒くさいことを考えながらしか映像を見れない人間こそ
N●Kや世界●作劇場を見るべきなのだ!!そして心ゆくまで泣くがいいんだ!!


・・・なんか怪しげな理屈をこねている!

この荒んだ日本のストレス社会・・・
そうやってアニメ見て泣くのってストレス発散になるから大人がアニメ見たっていいんじゃないか!と言いたかったんだけど
なんかオラすげーイタイこと言ってる気がしてきたぞ!
そして氷菓は決してちびっ子向けではない。

当然全ての子供向けアニメが良作なわけではなく
それなりの内容のものはやっぱりそれなりな訳ですが
その中でもひっかかるものがある時
どんなに絵が簡略化されてようが形が人間じゃなかろうが
そこにヒトらしさを感じて感動できるって何げにスゴイことなんじゃないだろーか
これは漫画とか絵本も同じと思う。

個人的なおすすめちびっ子アニメは「キョロちゃん」です。
チョコボールでお馴染みのキャラクターなのに内容にチョコボールあんまり関係ない不思議アニメで
キョロちゃんがものすごくアホなんだけど明るくて元気がでます。
PR

Comments

Comment Form